特定非営利活動法人日本SAQ協会
世界のプロアスリートを支える基礎トレーニングの革命

横浜・大阪において行われた「アスリートパフォーマンス」のスピードクリニックが大盛況のうちに終了致しました。参加者の皆さん大変ありがとうございました。

■日本経済新聞(2005年9月14日夕刊)
横浜会場スピードクリニックの様子が、日本経済新聞(2005年9月14日夕刊)に取り上げられました。

体幹をしっかり強化 パワーの発揮 効果的に

■アスリートパフォーマンスとは
アリゾナ州フェニックスにある、プロフェッショナルを対象にしたプライベート・トレーニング施設。特に12月から3月のオフシーズンには、メジャーリーグ、ゴルフ、テニス、アメリカンフットボールをはじめ、多くの選手が集まる。5日間で2千ドル(約22万円)というトレーニング指導料は、クオリティの高さと選手の信頼を物語る。ちなみに、通常、ただ見学をするだけでも有料、という壁の高さだ。

■選手の質
メジャーリーガーのシリングやガルシアパーラーらはもちろんだが、誇り高きサッカーのドイツ代表がワールドカップを前にして、白羽の矢を立てた。これは異例中の異例で、アメリカ人がドイツ代表のしかもサッカーの指導をすること自体、驚くべきことだ。一部ではあるが、有名な選手は別表(APでトレーニングしている選手)に記した。
また、アスリートパフォーマンスのホームページにも、選手のコメントが掲載されているので、注目に値する。

■コーチの質の高さ
マーク・バーステーガンは、ジョージア工科大学ストレングスコーチから、フロリダにあるエリートテニスクラブ・ボロテリテニスアカデミーでパフォーマンスコーチ、そして現在のアスリートパフォーマンスで代表を務めているプロ中のプロ。ここで働きたいコーチは数知れず、数年の下積みを経て、実力を認められた後、初めて採用される。日本でパーソナルトレーナーをしている(したい)、コーチをしている、という人には、今回のクリニックは絶対にお薦めである。



■トレーニングのコンセプト
スポーツ王国アメリカにあって、力(ストレングス)に頼らない、スピードやパワーの発揮をどのように高めるか、という視点に立つ。この施設自体も、驚くほどウエイトトレーニングのマシンが少なく、「動き」を重要視していることがよくわかる。また、セラピストや栄養士などとの連携も大きなポイントであり、個々のレベルや状態によってすべてのプログラムは変わり、総体的に身体能力を高めることに集中している。特に、コアと爆発力に関するクリニックは、今回の目玉だ。

■日本SAQ協会とアスリートパフォーマンス
代表のマークは、SAQシンポジウムに2度ゲストスピーカーとして来日、さらに、多くのスタッフがシンポジウムのスピーカーに来ている。SAQスタッフもアスリートパフォーマンスを訪れるなど、強い協力関係で結ばれている。今回も、共同開催をすることで、真のトレーニングをより普及したい、という共通の目的で開催にいたった。

■クリニックでは
クリニックでは、多くの時間を、そのダイナミックなデモンストレーションを中心に進めていく。SAQシンポジウムでも、マークの実技は並みいる指導者を仰天させ、「さすが」と思わせるに十分であった。セラピストとの合同のセッションでは、より具体的にアメリカの指導システムではどのように進んでいるかが鮮明になるだろう。時間をたっぷりとった今回のクリニックは、基礎から応用まで、ほんとうに知りたい実践的な動きを、直接教わることができるだろう。期待十分だ。


■開催要項
日時 2005年9月3日(土) 横浜

2005年9月4日(日) 大阪

目的 アメリカ・アリゾナ州フェニックスにあるアスリートパフォーマンス(AP)は、野球、バスケ、フットボール、テニス、ゴルフなどスポーツの種目を問わず選手のトレーニングやケアをする施設である。ここでは年間十数億円を稼ぐプロ選手が、個人契約でトレーニングをしに集まり、心身を鍛える。ドイツ・サッカー代表監督が望んだプロのトレーニングプログラムを、日本の指導者に対して実践中心で伝える。
NPO法人日本SAQ協会は、「SAQトレーニングを通した正しいトレーニングの普及」の一環として多くのスポーツ指導者が直接「正しい」ことは何かをセミナー活動を通して開催している。今回は、SAQトレーニングを中心に世界で最高峰の活動をしているプロと直接触れる機会を作り、多くの人に最高のトレーニングを理解してもらいたいと考え、APとの共同という形で実現をした。
対象 プロスポーツ指導者、スポーツコーチ、トレーニングコーチ、トレーナー、体育教育関係者、ジュニア指導者、学生、その他本当の基礎トレーニングを知りたい方
スピーカー マーク・バーステーガン
AP代表。サッカー・ドイツ代表のトレーニングを担当する。シリング(レッドソックス)をはじめとするエリートアスリートの信頼を集めるトレーニングスペシャリスト。
咲花 正弥
APパフォーマンスコーチ。プロ集団APにおいて初の日本人コーチ。アメリカのアスリートを指導しハイパフォーマンスを引き出す。アテネ五輪女子サッカーアメリカ代表を指導。
ダーシー・ノーマン
アスリートパフォーマンス所属PT
参加費(1日) SAQ会員・クレーマー会員 5,000円
一般 10,000円
内容(予定)

APトレーニング理論
  (選手を伸ばすための、初期段階の考え方と進展の方法論)

  • スピードパフォーマンスと多方向への動き
      (スピード向上とアジリティ向上)
  • プライオメトリックス・メディスンボールトレーニング
      (爆発力のとらえ方)
  • リカバリーの方法
      (疲労の除去とタイミング、連携のしかたとプログラム)
スケジュール
9:30 受付
10:00 ピラーストレングス(ダーシー・ノーマン)
アスリートパフォーマンスだけの考え方、PT(セラピスト)が要求するコアストレングス
12:00 休憩
13:00 直線とマルチディレクション・スピードトレーニング
(マーク・バーステーガン)
14:00 爆発力向上プライオメトリック・トレーニング
(マーク・バーステーガン)
16:20 終了
  • 付録(参加者だけのプレゼント)
    アスリートパフォーマンス理論
    選手を伸ばすための初期段階の考え方と進展の方法論
単位 日本SAQ協会認定単位 2単位(レベル1、レベル2共通)
募集人数 定員200名(各会場)
申込方法 終了致しました。お申し込みありがとうございました。
  • 参加にあたってのご注意
    • 著作権保護のため、ビデオ・カメラ等による撮影はご遠慮ください。
    • 一度申込みされました参加費の払戻しはいたしませんのであらかじめご了承ください。
    • 周辺駐車場の混雑も予想されますので、ご来場には公共交通機関をご利用ください。
    • 内容、時間帯は予告なく変更されることがあります。

※ 参加申込をいただきました方(各会場定員200名)には、当日の受付番号や集合時間等をお知らせ致します。メールでのお知らせをいたしますので、アドレスをお持ちの方は、正しいアドレスを必ずご記入ください。メールアドレスをお持ちでない方には、FAXかハガキにてお知らせ致しますので、お申し込みの際、記入漏れのないようご注意ください。

主催: NPO法人 日本SAQ協会
共催: Athletes' Performance 株式会社クレーマージャパン

※ 都合により日程および開催地が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
※ セミナーについてのお問合せは日本SAQ協会までお願いします。開催場所への直接のお問合せはご遠慮ください。

▲ページTOP

サイトポリシープライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ Sponsored by Cramer Japan